Born = ボーノ シリーズが人気です



弊店への検索で見かける間違いやすい商品名が、

brno work table、brno cafe table 。

brnoは「 ブルーノ 」と呼びたいところですが、実際は「 ボーノ 」と呼びます。



■ brno work table : ボーノワークテーブル

■ brno cafe table : ボーノカフェテーブル



商品ページを製作している時にもついつい

「 “ブルーノ” ワークテーブル 」

と打ち込んでしまうことがあるの、これは間違えてもしょうがないですね(笑)






そんなBrno ボーノシリーズは、当店でも1ヶ月の売れ筋のトップ5に入る人気商品。

個人のお客様はもちろんのこと、コントラクト関係のお客様からもご注文を頂いております。



無駄な装飾のないシンプルなデザインでありながら、重厚感があるのが魅力かと。

リピートも多いので、自信を持っておススメ出来るアイテムの1つです。






まずはワークテーブル。

形は長方形で、幅124cmと154cmの2つのサイズがあります。



AT-1240 (BR) Brno Work TableAT-1540 (BR) Brno Work Table


ワークテーブルですので、奥行は40cmと狭め。

書き物やPC作業用テーブルとして、コンパクトながら横を広く使えるのが特徴。



また奥行が無いことを逆手に取り、ワンルームや狭いお部屋のメインテーブルとしてもオススメ。

なにの雑誌か忘れたのですが、壁に設置して上手に使っていたのを見たことがあり、

「なるほど!」って思わせてくれましたね。






一方カフェテーブルは正方形。

こちらもサイズは60cmと75cmの2つございます。


AT-6060 (BR) Brno Cafe TableAT-7575 (BR) Brno Cafe Table


カフェテーブルは、まさしくダイニングテーブル用。

60cmサイズはジャストは2人用。

使えないことは無いですが、4人で使うときは手狭になりますね。



75cmは4人用。

まぁ一般的な90cmサイズよりは狭くなりますが、4人ご使用できますよ。






天板の深みのある色合いのオーク材とブラックの脚部を合わせ

この組合せは落ち着きがあり、重厚感を醸しだしてくれます。



ボーノテーブル



なによりも高級家具で多く使用されているオーク材は

タモ材やブナ材には無い上質感がオシャレですよね。



ボーノテーブル



一枚板ですので反り防止を天板裏にも施してありますよ!

安価な物はこれが無いのが多いので、裏面を確認するのもオススメです。


ボーノテーブル



若干天板が重たいので、組立て時はお気をつけくださいね。

また脚部の先にはアジャスターがついています。



ボーノテーブル



水平に設置できる隠れた機能が嬉しい。

これがあると無いとでは、意外と使い勝手が違うんですよね。



ワンランク上でありながらシンプルなデザインのワークテーブル・カフェテーブル。

価格的にもリーズナブルで、大変おすすめとなっております。



ボーノテーブル



ぜひぜひご検討くださいませ。





[ 商品リンク ]

 ・AT-1240 (BR) Brno Work Table ( ボーノ ワークテーブル )

 ・AT-1540 (BR) Brno Work Table ( ボーノ ワークテーブル )

 ・AT-6060 (BR) Brno cafe Table ( ボーノ カフェテーブル )

 ・AT-7575 (BR) Brno cafe Table ( ボーノ カフェテーブル )