京都の飴と言えばクロッシェさん

梅雨のあめとは違う、甘い方のあめ、飴。



先日市内へ出向いた時、前から気になっていたお店。

京のあめ クロッシェさんへお伺いさせて頂きました。

( *撮影許可頂いております。 )











真っ白の角砂糖の様なかわいらしい箱のお店。

お茶まで頂き、京都らしいおもてなしでしたよ。



そして肝心の飴。











全ての飴の色合いが愛らしく、食べるだけでなく飾りたくなります。

クロッシェさんのあめづくりにある



” クロッシェの京あめは、すべての色に意味があります。

意味と曰くを持たないあめは一つもありません “



を感じることができます。

そしてそれはデザイン家具にも通じるな・・・と感じましたね。



1セットづつ売ってはりますが、2つ以上購入すると、

なんと無料で化粧箱に入れてくれます。















季節により変わるみたいで、今回は季節的にピッタリな菖蒲をチョイス。

この化粧箱にいれてくれはるのは、ホンマに嬉しいサービス!



京都のお土産に困ったり、数が必要な時に便利な京都あめ。



四条通から1本下がった裏路地にありますが、

周辺にカフェやバルなど多くありますので、

散策ついでに行かれてみても良いかもしれませんよ。



個人的オススメは ” シェルブールの雨傘 (ヨーグルト風味) ” です。











[ 参照リンク ]

Crochet クロシェット 京都あめ