梅雨は家で京都を感じる

今週は週末まで再び雨模様みたいですね。









雨のお休みはお出かけしたくなくなります。

お部屋でまったりしたくなります。



そんな時は自宅で京都を感じるんも良いもんです。

そう。それは読書!

京都を舞台にした小説、ここ最近一気に増えた感じがします。



いかが?アイスコーヒーと小説。

夏前に良いんじゃないかと。







まず今や言わずもがな的な存在。

特に京都の学生のバイブル的な森見登美彦さんの2冊。









どちらも京大生が主人公。

そして登場人物が両方に登場し、2冊知っている人には「ニヤリ」とさせてくれます。



活躍?暗躍?するのも京都市内がメイン。

みなさんが知っている場面も多く出て、展開も面白く読みやすい。



夜は短し~の映画で出てきた本の神様。

どう見ても小津でしたよね。



また森見さん続きで









有頂天家族も有名。

有名と言うか、今下鴨神社や叡山電鉄、MKタクシーなど各企業のコラボがすごい!



読めばたぬきの擬人化がすごうて、もはや人間が主人公のよう。

伏線がいっぱい散りばめられていて、ここに来るかぁ。と感心。

しかもこれ3部作で今2作目。続き気になるやん~。







行定勲監督の映画でもある









きょうのできごと。は軽い京都小説。

いやそない町並みは出てこないか。鴨川デルタくらいかな?



何気ない日常の出来事の1ページを見る感じ。

ジ、エクストリーム、スキヤキの様な

マザーウォーターの様な

最後ほわ~とさせてくれるのは、のんびり派にオススメかも。







一風かわっているのが









食べ物からある事柄を探し出す、食の探偵が内容。

なんかこれものんびりしていて、じ~んとさせてくれますねん。



京都の町並みではなく、京都の食文化が盛り込まれています。

それは京都のもう一つの顔でもありますので、そちらに興味がある方にオススメ。







昨年映画化された









通称ボク明日。



個人的に小説から入ったので、映画の内容、特に場面に違和感があり、

やっぱり小説の世界観の方が好き。



京都のメインとなる情景がふんだんに盛り込まれているので、

京都に旅行された方でも入りやすいのが魅力。



てか皆さん既に読んだはると思いますけどね。

そしてスッキリとできない最後が・・・ねぇ







パラレルワールド系からもう一つ。









ボク明日が市内全域を舞台としているのに対し、

君に出会えた~は祇園~東山が舞台。



特に観光客の多い巽橋界隈の情景は目に浮かびます。

そして小説なので色は見えないはずなのに、キレイな蒼色が浮かぶ。



こちらはボク明日よりまだ少しはスッキリする最後。

祇園祭の始まるこれからの季節にオススメ。







オススメ小説最後はこちら








とにかくキュンとしたい方にオススメの恋愛小説。



現京都学生さんならこんな恋愛したいなぁ~ってなるでしょう。

昔京都で学生し恋愛していたら、懐かしめるんやないかと思います。

なんせ左京区が題名なくらいですしね。



私?

もちろんキュンとしましたよ ←







まだ他にも色々ありますが、とりあえず10冊。



読んで好きなのは情景が浮かぶもの。



小説の世界に入りやすいので、それが読むポイントになりますね。



因みになんですが、



番外編としてこれもオススメ!









盆の国。

まんが。



架空の京都の町が舞台なんですが、鴨川超えた東山区やと分かるんですね。



京都のお盆が季節設定で、少し怖く、少しかわいく、ちょっぴり悲しい。



久々ええ漫画買ってしまいましたよ。



梅雨時期。

家でまったり京都を感じるのもいいと思いますねん。





[ 参照リンク ]

スケラッコのホームページ