アイアンのウォールマガジンラック

ブルックリンスタイルが流行のインテリア。

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にあるブルックリンは元々は工業地帯。
そこに住んでいたアーティスト等がシンプルなものとヴィンテージなものを組み合わせ
スタイリッシュな部屋やクールビンテージな店舗内装としたカタチ。
日本でもカフェ、ダイニング、バーで数多く見受けられるようになりました。

アイアン、鉄のハードなものと革や木の天然モノの組合せが人気の特徴。
でもこれって昔からあるスタイルですので、流行の繰り返しも感じられます。

テーブルやソファ等をブルックリンスタイルにするには、
お部屋の全スタイル変更しないとちぐはぐになり、難しいですよね。

ならば小物家具から替えていくのも手です!

HMR-010 ウォールマガジンラック 詳細1

アイアンだけで制作されたウォールマガジンラック。
壁にもたれさせて使うマガジンラックですね。

HMR-010 ウォールマガジンラック 詳細2

HMR-010 ウォールマガジンラック 詳細3

スリムで場所を取らないのが特徴ですが、
なによりクールでありながらどのお部屋のシーンで使いやすいのが魅力。

HMR-010 ウォールマガジンラックは金属製品産業で有名な大阪府堺市にある北新工業製。

HMR-010 ウォールマガジンラック 詳細4

安心の日本製なのもポイント。

大きな家具を取り入れるのではなく、こんな収納小家具から
ブルックリンスタイルを取り入れていくと、徐々にその部屋の方向性も見えます。

まぁブルックリンスタイルに凝らずとも、単体でもカッコイイんですけどね!

[ 商品リンク ]
HMR-010 ウォールマガジンラック